埼玉県立坂戸西高等学校
 

美術部

美術

活動日 月 水 金 放課後 ~18:00

     (展覧会前、美術系進学希望者は応相談)

活動内容 1 マンガ・イラストを描くための基礎から油絵までの平面表現

2 iPadなどを活用してのデジタル画像、動画作成

3 粘土や樹脂を使った立体作品やアクセサリー作り

など、広く興味に合わせて活動できます。

また、希望すれば高校生美術展などに出品して、美術館に作品を飾ることができます。

こんな人におススメ

外で体を動かすより、屋内でクリエイティブなことに時間を割きたい人。

毎日の部活動は無理だけど、やりがいは欲しい

イラストデッサンの基本的な技術を知りたい人

文化部だけど、校外に合宿に行きたい人

 

番外編(美術Ⅱの授業)

美術の時間に、続々と新商品開発!?

 
UPきのこの山!?
 

きゅう・・キウリ!?

 
100%ジュースからできたリンゴ?!
 

ホームパイって、こんな形だったっけ?????

 
テープのりまき!???
 
生タコさんウインナー???!
 
チンアナゴにはたっぷりのお水が・・・??? 
 
ドアの真ん中にスイッチ???
 
キノコの種!?  
 

溶けしゴム!?


 

むいてもむいてもミカン?

これらはすべて、2年生生徒の授業作品です。

美術Ⅱの授業では、本物そっくりながら、ありえないことや物を作り出す、「リアルを超えろ!」という授業を展開しています。

生徒のみんなの、発想力と丁寧にじっくり取り組む姿勢が、不思議な作品を生み出しています。

 

お知らせ

【美術部】北斎とジャポニスム展

東京上野にある国立西洋美術館で開催されている「北斎とジャポニスム展」に行ってきました!

まだ正月気分の残る上野公園で開館30分前には行列が・・・。パンダだけじゃなく、北斎でもこんなに行列できるんだ。チケットを手にしたら、まずは敷地内にあるロダンの彫刻を見学。この門の中に、実はあの「考える人」が座っているんですよね。見なきゃ損です。

さて、肝心の展覧会は見ごたえ十分。北斎作品と並べて、モネ、ドガ、ロートレックらが北斎に刺激をもらって制作した作品がたくさん。いまだに世界で一番有名な日本人は北斎といわれるのも納得。会場内が撮影禁止のため画像はありませんが、場内で配られている新聞でイメージしてみてください!
  


 

 

お知らせ

高校美術展

埼玉県立近代美術館で開催された「第60回 埼玉県高等学校美術展」〔11月22日(水)~11月26日(日)〕に本校美術部3年生 市川なつ美さん、寺島彩奈さん、2年生 中島みちるさんの作品が展示されました。

全県の美術部の作品が大集結する展覧会で、見ごたえ十分。

ここ数年、アニメ風の作品やCGを活用した作品も増えてきています。坂戸西高校美術部は来年度も参加予定。全国大会を目指したいと思います。アニメやファッション、人とは違うことに興味がある人はぜひ美術部へ!


 

お知らせ

坂戸市芸術文化祭

坂戸市文化会館で開催された「第14回坂戸市芸術文化祭」〔11月17日(金)~11月19日(日)〕に本校美術部3年生 中村恭歌さん、市川なつ美さん、寺島彩奈さんの作品を展示していただきました。

今回は、搬入、搬出も自分たちで行いました。作品を運んだり、梱包したり、高校生にならないとできないことかもしれません。坂戸西高校美術部では、こんなふうに本格的に作品発表について学べます。

 

お知らせ

第51回創展に行ってきました。

東京都美術館(上野公園内)で開催されている「第51回創展秋季展」〔9月27日(水)~10月5日(木)〕に本校美術部3年生 中村恭歌さん、市川なつ美さん、寺島彩奈さんの作品が入選したので、鑑賞に行ってきました。

様々な表現の作品が並ぶ中で、自分の作品を見つめ直す良い機会でした。出品者は大人が中心なので、世代による傾向の違いを知ったり、技術的な勉強もできたことでしょう。

都民の日ということで、同館で開催されている「杉戸洋展」を無料で観ることができました。

ちなみに動物園も無料だったようですが、展覧会を見終わったら閉園時間で残念ながら入園できませんでした。

赤ちゃんパンダの「シャンシャン」が公開されたら、また出かけたいところです。
 

 

お知らせ


「第51回創展秋季展」に3名入選!

東京都美術館(上野公園内)で開催される「第51回創展秋季展」〔9月27日(水)~10月5日(木)〕に本校美術部3年生 中村恭歌さん、市川なつ美さん、寺島彩奈さんの作品が入選しました。東京都美術館は日本の美術を常にリードしてきた美術館で、上野公園の中にあります。上野動物園のすぐ横です。高校生でここに作品が飾られるなんて、なかなかないこと。お近くにお出かけの際は、ぜひお立ち寄りください。入場は無料です。

ちなみに東京都美術館では「ボストン美術館展」も同時期に開催されていますので(こちらは有料)、芸術の秋を味わいに上野に出かけてみませんか?

 

 

お知らせ

「オリジナルキャラクター」と撮影しよう!

「さつキング」と「にしボン」と一緒に記念撮影

文化祭でのワンシーンです。

 

(本校2年生の弟Kくんがさつキングのお口の中に)

 

 

お知らせ

文化祭の美術部「坂戸西高校応援オリジナルキャラクター」9/8

☆部活動・勉強に頑張る坂西生を応援するべく、美術部では坂西のオリジナルキャラクターコンビを作成しました。

生徒会本部から応援をしてもらい、それぞれの名称を募集しました。

その結果

①さつきのたてがみを持つライオンは「さつキング」


②炎とさつきの花をイメージした子どもは「にしボン」に 決まりました。

これから、勉強・部活動・生徒会活動をがんばる坂戸西高校と坂西生を応援して行きます!

文化祭では、このキャラクターの原画や、さつキングの中に顔を入れて撮影できるボードを用意します。

ぜひ、遊びに来てくださいね。

ちなみに、下の写真のような像もありますので、ぜひご覧ください。


 


 

 

お知らせ

夏休みの美術部「横浜トリエンナーレ2017」8/19

 

夏休みも制作している美術部ですが、鑑賞活動も行っています。

今回は、横浜トリエンナーレです。

3年に1度のトリエンナーレ形式で、世界の現代美術作家の作品を紹介する「横浜トリエンナーレ」。日本を代表する現代美術の国際展です。今回が5回目の開催で、横浜美術館/横浜赤レンガ倉庫1号館/横浜市開港記念会館 地下など、美術館も飛び出して、作品が設置されています。

 

難解な現代美術が、誰にでもわかるように噛み砕いて、体感できるようにした作品がたくさんありました。

 

下の展示風景の写真は、赤レンガ倉庫にあった作品。

ちょっとシュールな状況ですが、「Don't Follow the Wind」というプロジェクトの展示。

美術部員が360度のVRゴーグルをつけて作品を鑑賞しているところの写真です。

 

Don't Follow the Wind」は福島第一原発の事故によって帰還困難区域に指定された地区に、12組のアーティストが作品を設置するというプロジェクト。

立入禁止が解除されるまで、誰も見学することができない作品です。今は入れない場所を360度のバーチャルリアリティ画像で見ながら、本物の作品は実際に見られず・・・・。そして、いつ見ることができるのか。いろいろ考えさせられる作品です。このプロジェクトの他にも、カラフルな熊や、鏡を使ってどこまでも続くマンホールを生み出した作品など、たくさんの作家が、作品を通して様々な角度から現代を照らし出しています。

 

絵を描くだけがアートじゃないと、改めて勉強した1日でした。

 

 

 

Don't Follow the Wind」プロジェクト展示風景

 

 

 

その他の作品

 
 

お知らせ

今日の美術部「アグリッパ 経過」7/21

先月描き始めた石膏像アグリッパ。ほぼ毎日、少しずつ進めています。

描きはじめから、修正を続け、描き込み、ようやく完成しました。

人生初の石膏デッサンでしたが、ここまで描ければ、よい滑り出しといえるでしょう。

部員が努力したぶん上達していくのを見るのはうれしいものです。


      

    完成!!            描き始め


 

 

お知らせ

今日の美術部「アグリッパ 経過」6/30

 

少し前に描き始めた石膏像アグリッパ。ほぼ毎日、少しずつ進めています。

描きはじめから、左肩の形などを大きく修正しました。

より正しい形に向けて、何度も消しては描く。この過程がとても重要です。


 

お知らせ

今日の美術部「いよいよ下描き」6/26

F50号(117cm×91cm)の画用紙に、色鉛筆で下描きを始めました。

先日「水張り」した真っ白な画面に、自分の世界を描いていきます。

アイデアスケッチを元に、建物の線描きです。

これからどんな街が建てられていくのか、楽しみです。


 

 

お知らせ

【今日の美術部】 「高校美術展に向けて」6/19

F50号(117cm×91cm)の木製パネルに、画用紙を「水張り」しました。

いよいよ高校美術展に向けて作品制作です。

「水張り」とは、水を含ませて伸びきった画用紙をパネルにテープで貼り付けること。乾くと、紙がピーンと張ります。

皆さんは、色を塗ったら、びよんびよんに画用紙が波打って乾いても波打ったままだった記憶はありませんか?

この「水張り」をすると、製作中にどれだけ水を使って描いても乾いたらピーンと張るんです。

だから、いつも平らで見やすく、気持ちいい。完成品もまっすぐです。

真っ白な画面に、自分の世界を描くには、こうでなくっちゃ!


 

 

 

お知らせ


今日の美術部6/13

高校の美術部ということで、少し本格的なものにも取り組むことになりました。

これはある部員の人生初の石膏デッサン(描き始め)です。これから2ヶ月ほどかけてどんどん立体的に描いていきます。ローマ時代の彫刻等から型をとり、石膏で固めた像を描くものです。これから、どう変化していくか楽しみです。


 

 

 

戻る

 
3801人目(2010,04,21~)